ご挨拶

思い起こせば産業廃棄物処理法が制定された昭和47年に私は新日本開発を起業いたしました。

その当時は、廃棄物の不法投棄や不適正処理も多く見られ、もともと廃油などのリサイクルからスタートした当社は、 焼却処理をしなければならない廃棄物の適正な処理という社会的要請に応えるべく、 築炉メーカーと共同で焼却施設を設置したことが当社の現在の業態の始まりです。

その後、法改正が続く中、当社は移転や処理施設の増改築を進めると共に多種多様な産業廃棄物また様々な社会的問題になった廃棄物の処理を行う中でノウハウと実績を積み重ね、 焼却処理後の廃棄物をリサイクルする技術、焼却時に発生する熱を回収し発電する技術等、 社会や法律が求めるその先を見据えて、日々技術の研鑽に努めてまいりました。

地球環境保護や地球温暖化防止が叫ばれる今だからこそ、われわれのノウハウ・技術を結集してさらに進化し続けることで、 地球の未来のために循環型社会形成の一翼を担うと共に、安全衛生、地域社会、利害関係者への貢献を目指して事業活動を展開してまいります。

新日本開発株式会社 代表取締役 永川 仁秀