産業廃棄物処理リサイクル発電施設

平成20年1月に、廃棄物焼却の廃熱ボイラにて発電を行う、新日本開発株式会社本社工場第1発電所を設置しました。(4号炉、4号発電設備)

平成30年2月には、1900kWの発電能力を持つ5号発電設備を増設しました。当施設は、環境省「低炭素型廃棄物処理支援事業」として採択されています。

5号炉(5号発電設備)

5号炉

5号炉 処理フロー

5号炉

施設概要

処理能力 3.9t/時間(93.6t/日)
処理物 汚泥、廃プラスチック類、木くず、紙くず、廃油など
炉形式 特殊階段式ストーカー炉
熱回収方式 廃熱ボイラ、蒸気タービン、発電機
排ガス処理 電気集塵機 + バグフィルタ
タービン出力
・発電機出力
1,900kW
蒸気タービン発電機 中央制御室 使用前安全管理審査
発電施設 中央制御室 使用前安全管理審査